« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月 5日 (水)

WEB句会 2020年2月のお題

月のお題は次の通りです。

① ぬるい 

② 塗る

各題5句まで投句できます。

 

応募は下記へ。

kamomesha@mbr.nifty.com

題名は「WEB句会投句」と入力してください。

本文に、お題・投句・お名前(又は雅号・ペンネーム)を書き入れてください。

入選発表の際はファーストネームのみ表示します。

投句はコメント欄ではなく、メールでお願いいたします。

 

◆締切り2月29日

 

◆発表  2020年3月初旬

 

特選にはささやかな記念品を差し上げます。

また、入選句は季刊「現代川柳かもめ舎」誌上にも掲載する予定です。

奮ってご応募ください。

 

※投句の際には、以下の点につきまして、承諾していただきますようお願いいたします。
1、当WEB句会に投句できる川柳は、あなたが著作権を有しているものに限ります。
2、著作権侵害等の責任は負いかねます。

WEB句会 2020年1月の入選句

WEB句会 2020年1月の入選句発表!

皆さま、いつもWEB句会にご投句いただき、ありがとうございます。

「二」は、「一」でも「三」でもない「二」の意味を活かした秀句がたくさんありました。例えば汀さんの「鬼灯…」、ゆうさんの「悲しみ…」、まことさんの「水溜まり…」、日出夫さんの「化けの皮…」など。特選句も、やはり二発でないと「やり直す」勢いは出てこないと思います。一発目が終わらないうちに間髪入れず二発目を上げ、「やるぞッ!」と下腹にグッと力を入れる感じです。それ以上はうるさいだけ。この句の「二発」は動きません。

「賑やか」の入選句は様々な場面が描かれています。椎太さんの「チンドン…」、好きです。まことさんの「…蝶は音立てず」、素敵ですね。特選句は、人間の一生だなと思いました。生まれた時は皆に喜ばれ、亡くなるときは皆が泣く。太鼓叩いて賑やかに、生を迎え、死を送る。それはある意味幸福な生涯と言えるのではないでしょうか。

特選の方には、ささやかな記念品を贈呈いたします。

 

「二」
入選
二拝して母九十の冬曲がる 橙葉
妻の字を消した極太二重線 冬子
2番手の位置で気楽に掛ける圧 春爺
最高の二級品なら戦える 椎太
輪廻転生2合ばかりの米を炊く ゆうこ
黙り込む2分がこの恋の答え
ありえない二つを繋ぐやじろべい さやか
許せない女の二の腕が太い 颯爽
ハッピーかなんて二度聞く別れ際 颯爽
一枚の皿割れ二枚捨てました
鬼灯や二人ころした女です
悲しみは二度薄笑いして座る ゆう
水溜まりつつけば二度の生返事 まこと
化けの皮二回剥がして蘇る 日出夫
蜘蛛の巣に夫婦の微笑揺れている 俊和
三回忌201にまだ住んで 与生
特選
やり直す どどんと花火二発上げ 理惠

 

「賑やか」
入選
チンドンとオリンピックが来て帰る 椎太
「ご愁傷様です」と咲き誇る供花 与生
賑やかで一人ぼっちになっている 蓮子
母がいた賑やかだった水の音 冬子
賑やかな渋谷短い恋でした 泰子
賑やかを脱ぎ捨てながら帰る道 俊和
賑やかや女ばかりが生き残る うらら
廃園を賑わす蝶は音立てず まこと
ふるさとにならない街の賑やかさ
コルビジェの椅子と賑やかだった部屋
特選
入り口で太鼓出口でまた太鼓 ひろ子

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ