« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月 8日 (火)

WEB句会 2019年10月のお題

10月のお題は次の通りです。

① 電話

② 手伝う

各題5句まで投句できます。

 

応募は下記へ。

kamomesha@mbr.nifty.com

題名は「WEB句会投句」と入力してください。

本文に、お題・投句・お名前(又は雅号・ペンネーム)を書き入れてください。

入選発表の際はファーストネームのみ表示します。

投句はコメント欄ではなく、メールでお願いいたします。

 

◆締切り10月31日

 

◆発表  2019年11月初旬

 

特選にはささやかな記念品を差し上げます。

また、入選句は季刊「現代川柳かもめ舎」誌上にも掲載する予定です。

奮ってご応募ください。

 

※投句の際には、以下の点につきまして、承諾していただきますようお願いいたします。
1、当WEB句会に投句できる川柳は、あなたが著作権を有しているものに限ります。
2、著作権侵害等の責任は負いかねます。

WEB句会 2019年9月の入選句

2019年9月の入選句発表!

 

いつもWEB句会にご投句いただき、ありがとうございます。

「粒」の特選句は、とてもやさしい表現ですね。昨日も今日も、小さな粒を一つ一つ拾ってゆくように、丁寧に丁寧に生きておられるのだと読みました。作者はそれを寂しいと思うのではなく、以前は気づかなかった光る粒が、今、足元にあることに気づき、その一粒一粒を拾い上げることを小さな喜びとしているのではないかと感じました。とても心に響く秀句です。

「包む」の特選は、「銀紙」という具象と「十五歳」という組み合わせに惹かれました。現在は少数派かもしれませんが、銀紙に包んで捨てるものと言えばガムを想像します。十五歳という思春期の嵐の真っ只中、彼女に何があったのかは解りません。吐き捨ててしまうことも可能なのに、作者はそうしませんでした。きちんと銀紙に包みました。そして、もしかしたらそれを橋の上から川に投げ捨てたかもしれません。銀紙は日光に一瞬乱反射し、川に呑み込まれ流されていく…… そんなシーンが浮かびました。この一句の中には、強い愛と憎が共存しているのだと感じます。

特選の方には、ささやかな記念品を贈呈いたします。よろしかったらご連絡ください。

 

「粒」
入選
ポケットのひと粒タネか石ころか かきくけ子
仁丹の一粒遠い家族の画(え) 柊子
立ち上がるグリコ一粒握りしめ 明日歌
満票の市長小粒で善い人で 泰子
一粒の涙に海が凪いでゆく 橙葉
雨粒も明日に急いでいる車窓 ひろ子
幸せな過去にこだわる砂の粒 ひろ子
一粒の毒に生かされてる私
飯粒頬張る 出て行くならば行け 良仁
野良猫の矜持 一粒残すエサ たえ子
糸切れて自分に戻る真珠玉 明日歌
特選
昨日今日粒を拾ってゆくように 俊和

 

「包む」
入選
報復を包むピンクの包装紙 理惠
私を包む母という薄闇
手に負えぬ石をやさしく包むパー 柊子
包まれて包んで家族になりました 柊子
嘘包む半透明のごみ袋 かきくけ子
綺麗に包んだ 潰して返された 良仁
しあわせを包んだふりのオムライス ちなみ
ひとつまたひとつ包んだ言葉出してくる 俊和
恋ひとつ見えないように手に包む 俊和
手のひらで包めば鈴虫は黙す 椎太
わたくしを包む 早打ち太鼓鳴る 泰子
特選
銀紙に包んで捨てた十五歳 冬子

2019年10月 1日 (火)

晶子新作 2019年10月

川瀬晶子新作二十句   (かもめ舎第43号より)

 「秋雷」

宵祭わかれた人の訃の届く

真夜中の動悸 止まらぬ風ぐるま

願い事叶ってしまう目眩する

君が居た人差し指の傷の痕

石抱いて祭の渦に紛れ込む

オルゴール閉じる 泣くこと許されぬ

ダイナモか祭囃子か耳鳴りか

借りもののココロだんだんずれてゆく

十年後私に落ちてきたボール

雷一閃 はい私が殺(や)りました

私から風袋引けばテントムシ

煽てられ馴染んでしまう他人の靴

違和感のコップの水の溢れをり

肩甲骨むずむず飛び降りそうになる

死に体のひらりと蝶の横切れり

罪人の如くに山車の綱握る

死んだ者の勝ち 夕日の真っ赤っ赤

西側の窓から山ひとつ消える

無月にてぼんやり白き曼珠沙華

一刷けの雲を残して祭あと

 

季刊現代川柳「かもめ舎」第43号 発行

2019年10月1日 季刊現代川柳「かもめ舎」第43号を発行しました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「かもめ舎」第43号のご案内 

Img_20191001_0001-2  

・川瀬晶子新作二十句 「秋雷」

・会員作品(自選七句)「鴎盟」

・読者投句作品(川瀬晶子選)「桜守」

・柳談「晶子新作二十句を読む」 …… 鳥海ゆい・杉山昌善・近藤良樹

・作家紹介 多久和敬子 「真っ直ぐな心」…… 杉山昌善

・エッセー「おとなの川柳」江戸の訪問販売 小間物屋 …… 東 正秀

・エッセー「ヨリミチビヨリ」 …… 朝妻久美子

・エッセー「シーガルの小話」 …… 近藤良樹

・誌上句会 …… 題詠「黙る」 鳥海ゆい選 ・ 印象吟  杉山昌善選

・月例誌上句会 …… 「さらさら」 朝妻久美子選 ・ 「先」 川瀬晶子選

・入門かもめ塾  お題「卵」

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

季刊「かもめ舎」のお申込み・お問合せは下記へ。

 

  現代川柳かもめ舎 (川瀬晶子)

 

  E-mail kamomesha@mbr.nifty.com

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ