« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月28日 (火)

かもめ舎 川柳研究会のご案内

2019年4月、かもめ舎川柳研究会を発足いたしました。

その活動内容は次の通りです。

 

① 川柳教室

講師は川瀬晶子。月1回、2時間。

実作中心で、毎回兼題2題・席題1題(各2句)を作句し、川瀬晶子が講評・添削をしながら学びます。

 

② 川柳研究会

月1回、3時間。

兼題2題(各2句)を事前投句。

その投句を資料として、参加者が提案したテーマを踏まえて皆で意見を交わしながら、

川柳についての理解を深めていきます。

作句力は勿論、鑑賞力も向上させ、良い選者を養成することに重点を置きます。

川瀬晶子は講師ではなく、メンバーの一人として参加いたします。

 

◆会場

東急田園都市線「鷺沼駅」駅前のレンタルスペース

 

◆日時 毎月最終日曜日 (12月は除く)

川柳教室  12時30分~14時30分

川柳研究会  14時30分~17時30分

 

◆会費

川柳教室  2000円

川柳研究会  1000円~1500円 (参加者の人数による)

 

◆申込み

かもめ舎へご連絡ください。

kamomesha@mbr.nifty.com

1回のみのゲスト参加もOKです。

かもめ舎以外の方も参加できます。

 

 

 

 

 

 

 

2019年5月 5日 (日)

WEB句会 2019年5月のお題

月のお題は次の通りです。

① 栓

② 狭い

各題5句まで投句できます。

 

応募は下記へ。

kamomesha@mbr.nifty.com

題名は「WEB句会投句」と入力してください。

本文に、お題・投句・お名前(又は雅号・ペンネーム)を書き入れてください。

入選発表の際はファーストネームのみ表示します。

投句はコメント欄ではなく、メールでお願いいたします。

 

◆締切り 5月31日

 

◆発表  2019年6月初旬

 

特選にはささやかな記念品を差し上げます。

また、入選句は季刊「現代川柳かもめ舎」誌上にも掲載する予定です。

奮ってご応募ください。

 

※投句の際には、以下の点につきまして、承諾していただきますようお願いいたします。
1、当WEB句会に投句できる川柳は、あなたが著作権を有しているものに限ります。
2、著作権侵害等の責任は負いかねます。

WEB句会 2019年4月の入選句

WEB句会 4月の入選句発表!

いつも、かもめ舎WEB句会にご投句いただき、ありがとうございます。

現代川柳は私(わたくし)発。自分の日常から句材を見つけることが多いですが、それが街角スケッチで終わっては詰まりません。文芸としての川柳を目指すのであれば、読み手に何らかの発見や驚きを与えられるものであってほしいと思います。とはいえ、意外性を狙って単に奇異を衒うのは論外です。日常のありふれた事柄や風景の中に、いかに自分独自の視点で切り込んでいけるか、そこが勝負です。

さて、「砂」の特選句。彼女がどなたかに送った手紙の返事が来たわけですね。「拝復」という丁寧な書き出しから一転、彼女の気持を逆なでするような不本意な言葉が続いていたに違いありません。その落差! たった17音字の中で見事な展開です。

「進む」の特選、和子さんの作品もまた17音字のドラマです。取り残されるのが自分ではなく息子であることが、作者の痛みをより大きくしています。淡々と描いていることに心揺さぶるものがありました。

特選の方には、ささやかな記念品をお贈りしています。よろしかったらご連絡ください。

「砂」
入選
風と波信じ切ってる海の砂 俊和
みんな踏む私の中の砂山を 俊和
ふいに砂漠か 夜桜の行き止まり ゆうこ
ベンチにもお爺さんにも砂ぼこり 葉火
風紋の足跡海へ消えている 椎太
密談を埋めた砂山崩れてた 泰子
砂時計 今日は大目にみてほしい たえ子
ポケットの去年の砂と君のこと
君が待つ砂のトンネル空けたなら みどり
真実を言わないきみの砂嵐 良仁
砂遊び私の庭を作ってた 蓮子
私は流砂 近付いてはならぬ
砂の手に触れられてから乾いてる
水底のゆらぎになってからの砂 ひろ子
砂山を振りむくことはありません ひろ子
黄砂降る人の噂が絶えたころ 与生
特選
拝復のあとは全てが砂嵐 ゆうこ

 

「進む」
入選
矢印が進め進めと急きたてる 冬子
ライバルへ一礼をして進む亀 理惠
トンネルが急に開けて進めない
同調圧力ベルトコンベアーは進む
突進した 尾崎豊かを聴きながら
皆さんはきっと南に進みます 柊子
だるまさんが転べば進む軍国化 椎太
進むため抱きしめている頭陀袋 颯爽
つき進む君も寂しい人なのか ゆうこ
この恋は匍匐前進して掴む 良仁
進んでも進んでもまだ壺のなか ひろ子
曖昧に進んで釦掛け違う まこと
老い進むアスカ地上絵謎のまま ちなみ
迂回直進人生もまた阿弥陀籤 俊和
平凡を進む時々飴なめて 明日歌
特選
パレードは進む息子を抜き去って 和子

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ